FC2ブログ
2018/12/10

先週は暑い位の中ゴルフでした


昨日から今日にかけて、いきなり真冬になってしまったようです。 

暖房に炬燵、温めた甘酒、熱い珈琲と

体を温めるものしか受け付けません~

先週の火曜日は、夫と近所の女性と三人で

午後ハーフラウンドをしてきました。

市原市のセントラルゴルフです。

〇京葉工業地帯


高台のホールからは、京葉工業地帯の煙突が見え

いつもここで、背伸びをして眺めを確認します。

〇眺め


その日は暖かくて、気温は23度は有ったかと思います。

私は半袖のポロシャツに

一応日焼け除けにアームカバーはしましたが

動けば汗たらたらの、まるで初夏のような気温でした。

紅葉とサザンカ、、、景色は秋なのに

狂っているとしか思えない12月の気候でした。

一転、一週間後の今日は、昼間で7度位でした。

房総では、真冬にも10度を下回ることは余りありませんので、

この気温の急降下に、肩こりがします。

〇前の組方達

前の組は、男性二人に女性一人。

お若い方達です。

その前の組もまだフェアウエイで、しばらく待ちますが

呼吸を整えるには、ちょうど良い間隔かもしれません。

女性のドライバーショットを、見るともなしに見ていましたが

かなり慎重な、ゆったり目の大きなアークのショットでした。

真っ直ぐ飛んでいく素直な球筋でした。

打つ前の素振りは三回。

私も若葉マークの頃は不安で、二回は素振りをしていましたが、

今は体力温存のため(プッ、、(>m<)、、)一回です。



後ろに付かれると、自分のショットも観察されているんだろうなと思うと

とっても怖いな~~

〇サザンカ

年内に、そう寒くならないうちに

あと数回は、ラウンドできるかなと楽しみにしています。

〇避難待機所

4ホールくらいで、お手洗いの建物がありますが、

ちょっと間を開けたところに、避難場所が設置されていました。

突然の雷雨などには、ここに避難するように、と言う事でしょう。

同行の女性は、あまりのバスのおんぼろぶりに

「ドア開くの?」と疑問形でしたが

「雷の避難だから、開かなきゃ怖いよ~~」と、私。

珍しいので、パチリでした(#^.^#)

〇ロングホール①



廻る前に入念なストレッチが利いたようで、身体が良く回りました。

3パットを改善すれば、スコアはかなり縮まるはず、、、、タラれば(笑)



暖かい日があれば、またラウンドしたい。

まだこの寒さに体が慣れていません。


暮れに向かい、皆様 風邪などひきません様に。
スポンサーサイト
2018/12/07

父の命日

 
父が亡くなって、もう十年以上が経ちます。

数年前に、母と一緒の年忌を済ませ、

ちょっと一息入れています。



久し振りに自作の短歌です。

父のことを歌にしてみました。

〇Bへ18’12.6

特攻を志願せしとふ亡き父の
             時に鋭(と)き眼も老いて和らぐ

破顔一笑という風な笑い方でしたが、時に鋭い目をしたものです。

そんな父が嫌いでしたが、自分も歳をとって ふと気づくと

性格は似ていたんですね~これが(笑)

Bへ18,12,6白梅


最晩年「白い槿が好き。」といふ
         父の一生(ひとよ)を慈しむかな


癌で逝きましたが、最後の入院の日

車で父を病院に送るとき

車窓を流れる風景の中に、白い槿が咲いていました。

もう父は、生きてこの道を帰っては来れないだろうと思いながら

いつものように、普段と変わらない会話をしながら行きました。



白い槿が咲く頃、

そこを通るたび、あの日の父の声を思い出します。





「ああ、いいよ。」と父は献眼を諾(うべな)いて
               見知らぬ人へひかり差し上ぐ

●Gへ17,4,13


亡き父に白髪・禿頭ぶりの似たる人
     人混みに見ゆ そして消えゆく


2018/12/03

ハーブガーデンでのランチ


さて、前回の九十九里ハーブガーデンの花などをご覧いただきましたが

こちらのレストランの食事も評判が良く

女性客を中心に、ほぼ満席でした。

●店内 
店内は気取らずラフな感じで、大きなXmasリースが飾られていました。

●ショップ

ショップには、ハーブ関連のものがあり、迷いましたが

ルイボスteaを買いました。

癖がなく、仄かに甘みがあり、その上安いと思います。

●メニュー

メニューは、増えたように感じます。

前に来た時は、衣にバジルとローズマリーを加えた

「鰯のフライ」を食べました。

まだ覚えているって、、、(笑)

相当美味しかったに違いありません。

本日のランチ、ポーク丼を友達と同じく頼みました。

●ランチ

美味しかったですよ~~(#^^#)

揚げ大蒜のスライスが利いて、満足度高し☆☆☆

●ケーキ

ケーキの種類も多く、ここに映りきらないほど。

専属のパティシエがおられるようで、「一つ」を選ぶのが難しい(笑)

またの機会に、ブルーベリーチーズを。

●ラズベリーのケーキ

ハーブ畑で摘んだ、エディブルフラワーも添えられて色彩が綺麗です。



友人宅の次女が結婚し、その写真を見せて貰いました。

長いお付き合いですので、~~中学時代のクラスメイトに加え

結婚してからも近所のよしみで、仲良く付き合ってきました。



あれは、次女の「まっちゃん」が、まだ歩き始めたばかりの事。

ある日、小さな商売をしていた私の店に

裸足で「まっちゃん」が現れたのです。

おむつをまだしていました、、、、

よちよち歩きでした、、、、



後ろからお母さん(友人)が来るものと思い込んでいる私。

いつまでも姿を現さない友人、、、、

「あら、まっちゃん、来たの~~、、、お母さんは?」と、怪訝そうに聞いた瞬間

ハッと我に返った「まっちゃん」は、激しく泣き出し

ええ、それはもう激しく泣く、、なんてものではありませんでした。

しゃくりあげ、ぎゅっと抱きしめる私の腕と胸に

激しくのけぞる「まっちゃん」の、渾身の力が伝わりました。

片手で友人に電話をし、まっちゃんが一人で来た旨、伝えると

友人はまだ、まっちゃんが居ないことに気づいていなかった様子で

悲鳴に近い声を上げると、髪振り乱しと言う態で、青ざめて走って来ました。

彼女と私の家は、数百メートルの距離ですが

おそらく、人生で一番速く走ったのではないでしょうか。



母親が来るまで、私はまっちゃんを胸にぎゅうっと抱きしめ、

背中をさすりトントンし、大丈夫よ、大丈夫よと繰り返している内に

激しい嗚咽が、少し収まりました。

いつもお母さんと来ていた我が家は

まっちゃんにとって、まだ狭い世界の全てのうちの一つだったのでしょう。



写真の中で、幸せそうに笑っているドレス姿のまっちゃんは、

幼い頃の面影を残しつつ、美しく成長していました。

●海

帰りは、海に寄り、昔のそんなことを思い出しながら、

眩しい空と波を、暫し眺めて来ました。



2018/11/30

惹かれました、このヴィオラ


先日、友人に誘われ、九十九里ハーブガーデンのレストラン

「ラ・パニエ」で、美味しい食事とスゥィーツで ランチタイムを楽しんできました。

食事の報告は又次回にして、今日は素敵なヴィオラが有ったので

そのご紹介です。

〇ビオラ④

<九十九里ハーブガーデン>

〇1九十九里ハーブガーデン
〒283-0140 千葉県山武郡九十九里町片貝4477
TEL:0475-76-6581

定休日(火)

〇ビオラ②


こちらへは何度も来ていますが、6年ぶりくらいです。

〇ビオラ①

今年はいくつかある鉢に、既にパンジーをたくさん植えてしまったので

購入は諦めましたが、上の写真のヴィオラがステキな色で

帰って来てから、ああ買えば良かったと後悔しています。



こちらは、キャンプ場・ドッグラン・ハーブ畑にハーブショップなどがあり

特にレストランの食事と、専属パティシエの作るケーキが美味しくて

とっても、評判が良いのです。

更年期頃、ハーブティをあれこれ買い求めに来たことが

何度かありました。

〇2風香・苗ショップ


ハーブ畑を歩けば、綺麗なハーブが四季折々に色々あります。

〇3ハーブ

〇4ハーブ②


〇6ハーブ③

〇ショップで


ハウスの種苗ショップにも可愛らしい花や実がたくさんありましたよ。

〇黄色い実

〇5ハーブ④

〇多肉植物①


赤い多肉植物は初めて見ましたが、もしかしたら紅葉?でしょうか。

黄色い小さな花が一輪すくっと咲いて、これも欲しくなりました。



美味しい食事と小さな花の観賞で、二年ぶりの友人と楽しいひとときでした。




では、次回、食事の写真を見て下さいね。

こちらのレストランは、とても美味しくて評判なんです。

では、また~~
2018/11/26

TOKYO CLASSIC CAMP~東京クラシックキャンプ



少し前、TVに近藤サトさんがお出になり

森の中の素敵な異空間に身を委ね、 樹々の間の木漏れ日の中

ハンモックに揺られながら、

ここでゆったり過ごすのが、最近のお気に入りだと、、、、

●①東京クラシックキャンプ倶楽部

お向かいは、東京CLASSICゴルフ倶楽部

ビジターはプレーできないゴルフ場なので、残念ですが、

こちらのキャンプ場の、クラブハウスで遊ぶことにしましょう。

●②東京クラシックキャンプ倶楽部外観

コンクリートとガラスの開放感あふれる建物は、会員制のCAMP倶楽部のクラブハウスです。


●②店内


建物内部は、何処か懐かしさの漂う雰囲気でした。

●③店内

日中はCafe、、、11:00~15:00まで、ランチメニューもありますよ。

15:00~22:00までBarだそうで、夜はさぞ素敵だろうな、、と思います。

●⑤店内

インテリアも、知り合いのお宅のリビングにお邪魔した様な感じで

燦燦と降る陽ざしの中で、ゆっくり寛いできました。

あのお向かいには、お馬がいて乗馬もできるそうです。



●④店内

こんな素敵な所をよく見付けるわね~と人様に度々言われるのですが

殆ど、娘が見つけて来ます (≧▽≦)

祭日は、娘の旦那は仕事で不在、小用があり我が家へ来ていましたが

そうだ!お天気も良いし、どこかへフラッと行こうよ~と言うので

勧められるまま、ここへやって来て初めて

TVで見たばかりの場所だったことに気づきました。

●⑦つくねとネンジ君

つくねちゃん(黒い子)と、ネンジ君(白い子)

お利口さんで、カフェの中にささやかな温もりを演出してくれています。

●⑧お子様ランチ

YU-TOのお子様ランチです。

外には遊具もあり、YU-TOは気もそぞろでした。

元気な男の子は、椅子に大人しく座ってなんかいませんね~(笑)

娘は何度も外と中を行ったり来たり。

●⑥店内

食べ終えた器をお見せして、見苦しくてご免なさい。

●⑨

スタッフさんが仰るには、午後遅く木々の間から夕陽が射してくるころは

それは、綺麗なんです♪ (#^^#)って、、、、

それはまた、是非とも来なくちゃね。

まだ今年の夏にオープンしたばかりの様で

あまり知られていませんが、ここが知られて混雑するのは嫌だなア、、、

でも、ここ!素敵よって、教えて上げたい様な、複雑な気分です。

〒265-0052
千葉市若葉区和泉町365
TEL:043-488-6211

TOKYO CLASSIC CAMP

会員制のキャンプ場ですが、概念が新しく、

ロッジで、ゆっくりできる造りのようです。

自然は好きだけれど、

100%の自然と対峙するだけのファイトを

持ち合わせては居ないわと言う方、

東京から車で約50分、都会の喧騒から解放されたい時には

あまり遠すぎず、利用しやすいでしょうね。

あ、回し者ではありませんよ。

ここが気に入っただけの話です。



千葉なのに東京、、、って言うのが、ちょっとあれだけど(爆)

千葉県民は慣れっこになっています。

では、とっても素敵な場所のご紹介でした。

また~~